『唐手(空手)』は、沖縄古来の「ティー」を基礎として発達してきた武術です。達磨だるま大師の伝説で有名な中国の嵩山すうざん少林寺(左の写真)を始源とする中国拳法にも大きな影響をうけ、琉球王国で育ってきました。みんの初代皇帝=朱元璋しゅげんしょう(在位1368〜1398)が琉球につかわした使節も中国武術をもたらしていましたが、本格的に「唐手」が発達するのは、薩摩藩さつまはん島津しまづ氏による侵略(1609年)の後の時代。薩摩による植民地的な支配を受け、禁武きんぶ政策によって、日常的な刀剣類とうけんるい携行けいこうを禁じられた琉球王国の士族しぞくが、素手あるいは棒などの道具だけで、ふりかかる危険から身を守るべく、密かに鍛え、発展させて、一子相伝いっしそうでん、受け継いできたのだと言われます。「武器なき王国」の「守礼しゅれいたみ」は、日本刀を腰にさし、大いばりで歩く薩摩藩士はんしの姿を、ただおびえて見ていたのではありませんでした。

 1879年(明治12年)、明治政府が軍隊を派遣して「沖縄県」の設置を強行し(「琉球処分」)りゅうきゅうしょぶん、独立王国としての琉球は、完全に消滅しました。激動の時代、王国士族しぞくの身分も、彼らによって継承けいしょうされてきた「唐手」も、翻弄ほんろうされました。
数多くの型や技、伝承でんしょうが消えていったことでしょう。

 一方、失伝しつでんをまぬがれた「武の系譜けいふ」は、少しずつ士族階級から市民にひろがり、大正たいしょう末期になると日本本土にまで伝わりました。 が、日本軍国主義ぐんこくしゅぎに飲み込まれてゆく過程で、中国を意味する「唐」の字が嫌われ、文字も発音も、『唐手とぅでぃ』→『唐手からて』→『空手からて』へと変わり、型や技にも、大きな変化が持ち込まれました。古武道である柔術じゅうじゅつ等から「柔道」をうみだした講道館こうどうかん嘉納かのう治五郎じごろう館長は、空手の技にも注目し、本土での普及に大きな役割を果たしました。空手を競技化する工夫がさかんにおこなわれました。  しかし同時に、その過程で古流こりゅうの型と技にふくまれていた武道性ぶどうせいも、少しずつ失われていったのです。

 この時代を生きた喜屋武きゃん朝徳ちょうとく師(1870-1945/右の写真)は、琉球王(第二しょう氏)の血筋をひく士族で、小柄で細身ながら「ためしで負けなし」、「拳聖けんせい」とよばれた人。何もかもが激しく変わりゆくなか、口伝くでんのみで継承けいしょうされてきた秘技ひぎ=唐手の型と技を、いささかも変えずに次代に伝えること(無修正むしゅうせい主義)に努めました。

 惜しくも1945年、喜屋武朝徳師は、「国体こくたい護持ごじ」の捨て石にされた沖縄戦の犠牲となりました(享年きょうねん76歳)。
いま、糸満いとまん市・摩文仁まぶにが丘の「平和のいしじ」や、読谷村よみたんそん比謝矼ひじゃばし自治会による戦没者慰霊塔いれいとうなどに、師の名前を見ることができます。

 戦前、6年間にわたって喜屋武朝徳師に師事しじして唐手を学び、そのこころざしをついだのが少林寺流の開祖=仲里常延なかざとじょうえん先生(1922-2010/沖縄県指定無形文化財保持者/左の写真)です。
 常延先生は1955年、「すべては源流へたちかえれ」の思いを込めて、朝徳師から常延先生へと伝わる唐手の系譜を「少林寺流」と命名しました(朝徳師が伝える唐手は、当時の分類では「首里手しゅりて」と呼ばれる系統で、一部「泊手とまりて」を含んでいます/もうひとつの系統に「那覇手なはて」があり、現在の「剛柔流ごうじゅうりゅう」などに受け継がれています)

 私たち沖縄空手道少林寺流東神戸同好会は、空手発祥はっしょうの地=沖縄で、世紀を越えて受け継がれてきた古流の型と技、そして「ぬちどぅ宝」のこころを、全国の仲間とともに学んでいます。